2000年〜現在の活動

(1) Former President of The Soviet Union
  Mikhail Sergeyevich Gorbachev
( Nobel Prize winner for Peace)

2005年5月に大阪にてロシアの元大統領ミハイル・ゴルバチョフの講演会「世界の平和と維持」に招待されました。
彼の一族は父・祖父を始め全員が農家の出であり、彼一人が初めて大学に、しかも最高学府であるモスクワ大学法学部に入学できたことは幸運中の幸運だと話しており、さらに弱冠55歳でソビエト連邦の最高指導者の地位につきました。

ゴルバチョフ氏は、アメリカ元大統領のJ.F.ケネディーを深く尊敬しており、ケネディーの言葉「自分自身を新たな別の見方をする。固定観念の枠をはずしてみる」を応用した結果、中国と数十年にわたった国境紛争をたった1日のトップ会談で解決したとのことでした。
「自己限定をしなければ人間の能力は無限に出てくる」とは真理ですね。

ちなみにJ.F.ケネディーが日本の政治家で最も尊敬したのは、米沢藩の上杉鷹山です。

英国の元首相のマガーレット・サッチャー氏やポーランドの元大統領のワレサ氏など多くの世界の著名な人たちも昔は人知れず苦学猛勉をしてトップの地位を獲得しました。1パーセントでもあやかりたいですね。

彼らに共通で言えることは「初心を忘れず、目的を最後までやり遂げた」ことです。
そうすれば結果は自ずからついて来るのですね。


(2)2004年7月に世界遺産に指定された熊野と高野山での
  ガイドの講演会と研修会

和歌山県の依頼により、今年の2月と3月の講演会に続き、9月7日・8日の2日間熊野と高野山でボランティア・ガイドさん対象のガイド研修会を実施しました。

現地に活躍されている「語り部」が、ますます増えている海外からの訪問客に英語やその他の言語でガイドし、お世話をしていこうという活動です。

近年、真言密教の総本山である高野山に特にフランスやドイツからの訪問客が急増しております。海外からの出家者が何人かでております。

世界中で関心の高い禅につづいて、密教ブームが起こりつつあるようです。




(3) ロシア新体操の女王アリーナ・カバエヴァ選手
  (アテネ・オリンピックのゴールド・メダリスト)

   

  Arina Kavaeba, Queen of Russian Rhythimc Gymnastics
  ロシア新体操の女王アリーナ・カバエヴァ選手と
  学院長はロシア語で話しサインをいただきました。
  いつか彼女の通訳がしたい!


(4)2013年8月 国連環境プログラム( UNEP):国連環境技術センター所長を通訳しました。1997年12月に京都で開かれ国連環境会議
  にご案内したブータン王国のドルジ環境大臣や外務大臣の娘で環境政策部長のデイチェンをよく知っているとのことで驚きました。
  「なんと世界は狭い!」と実感しました。


(5)2014年3月 フランス各地より"日本体術”という武道の指導者14名が観光と研修のため
  来日しました。奈良をガイドしました。




 同4月に学院長も彼等と一緒に練習に参加しました、




(6) 2014年4月 フランスの眼科医と看護士を京都と大阪をガイドしました。